●お葬儀パックは98.000円税別からご用意しております ●会光殿の式場は住宅風をコンセプトにしていますので、自宅のような雰囲気で故人を送ることが可能です。 ●式場は光吉インターやアルメイダHから近い場所にあります。●葬儀に関することは何なりと遠慮なくご相談ください。

会光殿葬儀社はまごころのお葬儀を大切にしています

 

経済性優先のお葬儀Kパックシリーズ

弊社最安値 98000円~税別

会葬者10人・128000円~税別

会葬者20人・188000円~ 税別

会葬者30人・228000円~税別

祭壇が豪華なお葬儀Aパックシリーズ

Aパック160000円~

ご挨拶 
大分市の葬儀は会光殿(あいこうでん)へ
■会光殿は大分で最初の小規模葬儀専門業者です どうぞよろしくお願いいたします    ■会光殿は小人数・低価格帯の葬儀を主軸に葬祭業を営んでおります  ■50名までの小規模葬儀対応が多いですが、一般葬 自宅葬 とオールマイティに葬儀全般に対応をさせていただいております  ■葬儀の事前相談については、不在のことがありますので一度お電話をお願いいたします  ■電話でのご相談ももちろん可能です  ■24時間いつでもお電話ください
 
会光殿の特徴
◆小人数・低価格帯の葬儀を主軸に葬祭業を営んでおります  ◆小規模葬儀専門式場です(50名まで 全室イス席で足がしびれません)  ◆会館が目立たない場所にあり、ゆったりと故人を送ることができます  ◆家庭で過ごすような感覚で、ゆったりと故人を送ることができます ◆光吉インター、アルメイダ病院そばで便利です   ◆高くなりがちな料理・飲み物ですが、自由に持ち込み可能です(持込無料)  ◆おとき膳やオードブル料理等のお世話ももちろん可能です   ◆火葬許可取得、生花・料理・遺影・返礼品・礼状等もお任せください  ◆夜間のご遺体搬送もお任せください  ◆駐車場完備 周辺にコンビニやホテルもあります  ◆「自宅葬」や「大分市葬斎場」での葬儀も承ります  ◆寺院紹介についてもご相談ください
お葬式の費用
●お葬式パックは98.000円からご用意‥低料金です(夜間などの時間帯による加算や、土・日等の曜日による加算はありません)。 ●また、会光殿の式場は住宅風をコンセプトにしていますので、自宅のような雰囲気で故人を送ることが可能です。   ●式場は光吉インターやアルメイダ病院から近い場所にあります。葬儀に関することは何なりと遠慮なくご相談ください。 ●事前相談された方には事前相談割引があります。  ●一般的にはまだわかりにくい葬儀料金ですが、会光殿は明朗・安心な料金体系を心掛けています ●会光殿の料金体系は、祭壇が豪華な「Aパックシリーズ」 と 経済面を優先したした「Kパックシリーズ」に分かれています。  他社と比較をしていだくと低価格なのかどうかがわかります。  ※詳しくはお問合せください
          

  • 経済性を重視した、会光殿Kパックシリーズ  
  • 弊社最安値    98000円 
  • ※詳細はお問合せください  
  • ※ご遺体のお迎えの曜日・時間帯による加算はありませんのでご安心ください
  •  
  •  
  • 会葬者10人まで128000円
  • ※この金額で、通夜・葬儀の儀式も可能 宿泊も可能です
  • ※経済的に助かると多くの方に評価をいただいています
  •  
  •  
  • 会葬者20人まで188000円
  • ※この金額で、通夜・葬儀の儀式も可能 宿泊も可能です
  • ※経済的に助かると多くの方に評価をいただいています
  •  
  •  
  • 会葬者30人まで228000円
    ※この金額で、通夜・葬儀の儀式も可能 宿泊も可能です
    ※経済的に助かると多くの方に評価をいただいています
  •  
  •  
  • ※掲載の費用はすべて税別です


私たちの命には皆限りがあります。 
さくらの詩を読んでみると深く考えさせられるものがあります。

 

さくら  茨木のり子

ことしも生きて  

さくらを見ています

ひとは生涯に
何回ぐらいさくらをみるのかしら

ものごころつくのが十歳ぐらいなら
どんなに多くても七十回ぐらい

三十回 四十回のひともざら
なんという少なさだろう

もっともっと多く見るような気がするのは
祖先の視覚もまぎれこみ重なりあい霞(かすみ)立つせいでしょう

あでやかとも妖しとも不気味とも
捉えかねる花のいろ

さくらふぶきの下を ふららと歩けば

一瞬
名僧のごとくにわかるのです

死こそ状態
生はいとしき蜃気楼と

*********************************
茨木のり子さんは1926年に大阪で生まれた。
本名は三浦のり子。高校時代を愛知県で過ごし、
その後上京して現・東邦大学薬学部に入学。
その在学中に空襲や勤労動員(海軍系の薬品工場)を体験し、
1945年に19歳で終戦を迎えた。